シーズーの愛犬ジャッキー日記 

トップページに戻ります 


2011年 8月 

s-20010830news.jpg 

s-200108301.jpg
  バナー
  僕たちを判って! 【でじブック形式】価格¥400(税込)
  バナー
  僕たちを判って! 【PDF形式】   価格¥420(税込)
 

  以前から探し求めていたこの記事のコピーと、写真が出てきました。
 2008年の5月に死んでしまった、グレートピレネーのイヴの記事と写真です。
 徳島県警の警察報の記事にも書いてありますが、香川県のペット繁殖業者が、大型犬ばかりを24頭遺棄した時のことでした。その時に警察と保健所、犬訓練所に分けて一旦保護されていたのですが、全国からの問い合わせで、次々と引取先が決まっていって居たので、心配しながらも安堵していました。
 しかし、最後の二頭の引き取り手が見つからず、毎日、確認の電話を入れていたのですが、このままでは殺処分されると思い、慌てて預かりに行きました。
 それから、丁度一年後のその日に、警察署を訪れて、イヴの近況報告をしてきました。その時の様子が、この記事と写真なのです。
 NHKの「クローズアップ現代」で、2009年8月5日(水)放送の「 ペットは泣いている 〜激安競争の裏側で〜」でも取り上げられていましたが、多くの方々がこの様な飼育放棄や悪徳繁殖業者の事をご存じ無いと思います。 
 この様に、私達の目に触れない所で、年間に何十万頭にも及ぶ犬達が、殺処分されています。この現状を皆様に知って戴きたいと思って「僕たちを判って!」を書き上げて、発表した訳です。この、エッセイの第4話に登場するのが、このイヴで、他にも不幸な一生を終える犬達や、幸せに一生を終えることが出来た犬達を描きました。
 このブログを読んで下さっている方々には、必要の無い本ですが、犬のことを知らずに安易にペットショップで購入し、要らなくなったからとゴミのように棄てる人達に是非読んで貰いたいと願っています。
 この本は電子ブックですので、ご購読戴くには電子書籍をダウンロードして戴く事が必要となります。また「でじブック形式」はでじブックリーダーのインストールも必要です。PDF形式は殆どのパソコンで読める形式ですが、パソコンによってはアドビのリーダーが必要になります。
 書籍は下記の販売リンクから、購入、ダウンロード出来ますので、宜しくお願い致します。
私の著作:「僕たちを判って!


今まで、記載致しておりました医薬品は、私のブログで
引き続き掲載致しております。どうぞ下記のブログで
ご覧下さい。
”今日のお勧めペット用品”のフリーページを新しく開設
致しました。
毎日更新して参りたいと思いますので、どうぞご覧下さい。


楽天市場 犬用医薬品のご案内へ
 
また、ペット用品などの紹介は、楽天の私のブログの下記リンクより
お入り下さい。


ペット関連用品のご案内はこちらからどうぞお越し下さい。

楽天市場 ペット乗用カゴ付き自転車&キャリーバッグ

楽天市場 お散歩用ペットカートはこちらから

今日のお勧めペット用品
 



2011/08/01
s-201107291.jpg
行き倒れてしまった僕

s-201107292.jpg
暑い時は冷たい物が好きな僕 

暑い時はこれ!!

 こんにちは、ジャッキーです。

 この写真は一昨々日の物です。

 夕ご飯を食べようと、僕は自分の食器の所へ行きました。
 いつもだったら、ちゃんと入っている僕の夕ご飯・・・。
 でも、この日は違っていました。
 空っぽなのです!

 僕はそのままヨヨっと崩れ落ちて、行き倒れになってしまいました。

 実は暑い日が続いていたので、お母さんが冷製スープを作って居たので、僕の食器が空だったようです。

 鶏軟骨冷製ゼリースープをトッピングして貰った僕の夕食です!

 我が家は代々ワンコには鶏の骨を食べさせて貰えません。
 噛み砕いた鶏の骨が腸管を傷付けて出血したり、腸管が切れてしまう事が有るかららしいです。
 その代わり、豚や牛さんの骨は囓らせて貰えますが、僕には大きすぎて口に入りません。
 結局、それらの骨はグレートピレネーのイヴが一人で食べてしまいました。

 その様な決まりなので、僕には軟骨を良く食べさせて貰っています。
 この冷製スープゼリーだったら、口の周りの毛が汚れないので、僕も気に入っています。
 何よりもとても冷たく冷やして貰っているので、食べていると身体が冷えてくるのが判ります。

 ところでお爺ちゃん(お母さんのお父さん)の初盆が有って、僕はお留守番をさせられていました。
 お父さんはお母さんの実家に居る僕の従兄弟のパグ犬バロン君に会わせるつもりだったようですが、僕のお家と違って実家ではワンコはお家に入れないそうなので、僕はお留守番になってしまいました。
 お母さんが実家で僕が暑い目をするのが可哀想だと言ったからです。
 そう言えば僕のお婆ちゃん(お父さんのお母さん)も初盆の筈・・・。
 でも、お父さん達はカトリックなので、盆などはしないそうですし、お婆ちゃんは浄土真宗なので、お盆の習慣が無いそうです。
 ですから、お婆ちゃんの初盆は我が家では無い予定になっているそうです。

 居間と食堂の扉を開け放って、エアコンを回し続けて呉れたお陰で、僕は快適に過ごせました。

 涼しくなったらバロン君に会いに連れて行って貰おうと思って居ます。 

代筆者:お父さん

P.S.
    僕の写真集が有ります。本当だったら日記で使う写真で、ここで掲載していない沢山の写真がどんどん増えています。今日の写真も追加されて居ますので是非ご覧下さい!下記のリンクからお越し下さい。リンクをクリックして戴くと、新しいページが開きます。
2011年7月シーズーの愛犬ジャッキー写真集
2011年8月シーズーの愛犬ジャッキー写真集

    お父さんが作成した「民俗音楽へのお誘い」のページを是非ともご覧下さい。皆様も良くご存じの南米インカ文明のフォルクローレを紹介しているそうです。「コンドルは飛んで行く」や「灰色の瞳」、「花祭り」などをyoutube で聴く事が出来ます。是非お聴き下さい。
民俗音楽へのお誘い 

    お父さんが作成した「世界の民俗音楽のご案内」のページを是非ともご覧下さい。インドネシアのバリ島のガムラン音楽、古代インドの音楽などをご紹介しています。
世界の民俗音楽のご案内

    若かりし頃の、お父さんの思い出を綴ったページを作製しているそうです。是非、下記のページにお越し下さい。僕も知らなかった、お父さんの若き姿です。
我が青春の時を思い出して

    お父さんの工学研究の話や、ライフ・テーマの研究の一つ「ネウマ譜」の説明のホームページを是非ともご覧下さい。古〜〜いヨーロッパの五線譜ではなくて、ネウマ譜と呼ばれる四線譜の楽譜のお話しです。
研究者の独り言

    一つ上のページはネウマ譜で書かれたグレゴリオ聖歌のご案内ですが、この下のページは、「グレゴリアン」と云うグループが、ソレーム・ド唱方で、現在の歌を歌ってるyoutube のデータをご案内しています。有名なビートルズやサイモンとガーファンクルの歌も彼らが歌っています、是非お聴き下さい!!
もう一つのグレゴリオ聖歌 

2011/08/03

s-201108031.jpg
朝食後にまったりしている僕


s-201108032.jpg
お婆ちゃんの為に一生懸命オットメしている僕 

僕がしなければ誰がするの?

 こんにちは、ジャッキーです。

 暑い日が続きますね!皆様にはお元気でお過ごしの事と存じております。

 さて、朝御飯も済んで食堂でマッタリしていたら、お母さんが居間で何かをし始めました。

 何事にも興味を持つ研究者(研究犬)の僕は、勿論のこと居間に入って行きました。

 すると仏壇が綺麗に飾られています。
 「??お婆ちゃんの新盆はしないって言っていた筈なのに・・・・?」
 お婆ちゃんが亡くなって、我が家の仏教徒は僕だけになりました。
 正確には、僕はチベット仏教の守護神のライオンドッグ(獅子犬=獅子狗=しーずー)なので、仏教徒の分類には入りませんが・・・。

 お婆ちゃんが信じているのは浄土真宗らしいのですが、お父さんが調べてみるとその宗派はお盆をしないそうです。
 阿弥陀仏に救われているので、お盆になってもお家に帰ってこないそうなので、お盆自体の概念が無いそうです。
 お父さんはカトリック信者なので、仏教の事は判らず、その結果からお盆をしないと言い出していました。
 僕はお婆ちゃんが可哀想だと思ったのです。

 そう思っていましたので、お母さんが仏壇を綺麗にしているのを見て、僕は傍で監視を始めました。

 お母さんだけが幼児洗礼(生まれた時に受ける洗礼でその時からのカトリック信者)でないので、やはり仏教の事が気になるらしいです。
 お母さんは、お父さんが言うように何もしないのでは、お婆ちゃんが可哀想に思ったのだと思います。
 新しい祭壇を手前に置いていつもより多くのお供えをして呉れました。

 僕は何回もお婆ちゃんに代わって、「有り難う!」と頭を下げました。

 実は数日前にお父さんが新盆について調べた時、浄土真宗は仏壇をお寺として考えているので、仏壇の内陣にお位牌や写真などを置いたらいけないと書いてあったらしいです。
 そこでお位牌と写真を仏壇内の内陣の外側へ置いてしまいました。

 それからは、僕はどういう訳か仏壇を置いてある居間で居るのが恐くなって、居間で寝られなくなったのです。
 その事をお母さんがお兄さんに電話で話したら、
 「犬は人間には見えない物が見えるから、何か感じて怖がっているのでは?」
 「お婆ちゃんのお位牌などを元の場所に戻したら?」
 って、言ったそうです。

 今朝、お母さんがお父さんにその事を話したら、
 「そうだよ!犬には人間に見えない物が見える。」
 とお父さんは答えて、居間からテレビのリモコンを持って来ました。
 そして、お母さんの方向へ向けボタンを押しました。
 「どう?何か見える?」
 「いいえ、何も変化は見られません。」
 お母さんがそう答えたので、今度は携帯のカメラを起動して、そのカメラのレンズに向けて、テレビのリモコンを操作しました。
 「あっ!リモコンの先が光りました!」
 「判った?人間には見えない赤外線の光が、携帯のカメラで写すとこうして見える。」
 「犬は人間より広範囲の光が見えて、赤外線領域や紫外線領域の不可視光線まで見える。」
 「それに人間には聞こえない低周波や超音波なども聞こえる。」
 「だから、ジャッキーには何かが見えて、それに怖がって居たのではないのか?」
 僕はその横で頷きました。

 こんな事を言うと、大好きなお婆ちゃんが化けて出たみたいに聞こえますが、お婆ちゃんが恐いのではなくて何か恐い物が居間に居た様に思って居ました。

 お婆ちゃんのお位牌も写真も元に戻して貰えたので、僕も一生懸命にオットメに励みます!

代筆者:お父さん 

2011/08/14

どうしたら扇風機を動かせるの?と考えている僕


扇風機とクールマットは涼しいと思っている僕


他のお墓を探索している僕


お墓で歩き回っている僕

お婆ちゃんのお墓参り

 こんにちは、ジャッキーです。

 昨日の事ですが、僕はお婆ちゃんのお墓参りに行って来ました!
 お爺ちゃんもお墓の中に居ますが、今回はお婆ちゃんのお墓参りが僕の目的です。

 昨日の早朝に、突然お母さんがお父さんに言いました。
 「今からお墓参りに行きましょう!涼しいから。」
 僕はその時、玄関警備をしていましたが、
 「行く!」と、直ぐに立ち上がりました。そして行く準備を始めます。
 それには、お母さんが吃驚して、
 「ジャッキーちゃん、お母さんが言った事が判ったの?」
 と聞くのです。
 判らなかったら、起きあがって「行く!」って言わないでしょう?
 僕は、「早く!お墓に行くって言ったでしょう?」と催促ばかりしていました。

 真っ先に車に乗せて貰って、僕は青野山墓地公園に着くのを待っていました。

 車があの山墓地公園の駐車場に止まった途端に、
 「車から降りる!」と、僕は騒ぎ始めます。
 「ジャッキーは青野山に着いた事も判ったの?」
 後部座席の僕にお母さんが聞きました。
 青野山の匂いを覚えている僕は、窓の外を見なくてもここがどこか判ります。

 お父さんに抱かれて墓地へ。

 真っ先にお婆ちゃんの墓前に行って、
 「アン!」と頭を下げると、僕は他のお墓を探索に出掛けました。

 「ジャッキーちゃんは何をしに来たの?」ってお母さんが言いますが、僕は探索に忙しいので返事もしません。

 周りを歩き回ると、涼しいので沢山の人たちがお墓参りをしています。
 お母さんがお墓の掃除を終えて、花とロウソクと線香を手向けると、僕はお墓に戻ります。
 チベット流に五体投地で礼拝をしました。
 でも、お母さんは
 「ジャッキーちゃん、そんなところで寝転ばないで!」と言います。
 お母さんにはチベットの山岳仏教の事が判らないみたいです。

 毎日暑い日が続きますが、八月も半分済みそうです。
 暑さ負けをなさいません様に、お体を労ってお過ごし下さいね!
 僕も涼しくして貰っていますので、頑張ってこの夏を乗り切ります!

代筆者:お父さん
 僕の写真集に写真が貯まっています。どうぞ見に来て下さい!

2011年8月シーズーの愛犬ジャッキー写真集 

2011/08/30
s-201108301.jpg

ご無沙汰致しました!

 こんにちは、ジャッキーです。

 長い間のご無沙汰になってしまいましたね!
 僕の「2011年8月シーズーの愛犬ジャッキー写真集」が沢山アップされていますので、是非ご覧下さい。
 お父さんが小説を三本並行執筆をしていて、僕の日記を更新して呉れませんでした。
 今朝もずっと三階のパソコンの前で執筆したままで、一階の僕の所に下りて来てくれませんでした。

 この前に連日雨が降った時は、とても涼しくなりましたが、その後の暑さには僕も参ってしまいそうです。
 でも、お母さん達が冷房を点けて呉れても、僕は直ぐにその部屋を飛び出すので二人とも僕の体調管理で困っているようです。

 お話ししたい事が沢山有ったのですが、いざ更新して貰えると、その事柄を思い出す事が出来ませんでした。

 次回の更新までには思い出しておきます。
 ですから今回は僕の「2011年8月シーズーの愛犬ジャッキー写真集」を御覧になって下さいね!

代筆者:お父さん 


2011年 7月の日記へ 
2011年 9月の日記へ 

トップページに戻ります 






inserted by FC2 system